身体の不調は目が原因かも|治らないと言われていたアトピーは今の時代だと改善できる
女の人

治らないと言われていたアトピーは今の時代だと改善できる

身体の不調は目が原因かも

目の疲れ

目の疲れが起こすこと

パソコンやTV、読書などで目を酷使すると、頭痛や吐き気など体の不調が起こることがあります。これは、目の疲れやストレスが溜まって起こる眼精疲労かもしれません。眼精疲労は、単に目の疲れだけにとどまらず、頭痛や吐き気に肩こり、神経症などの原因となってしまいます。目の疲れは物の見え方に影響し、物の見え方はストレスにつながったり視神経や脳の機能にも影響を与えます。そのせいで首回りの筋肉には余計な負荷がかかり、また物を認識する機能に余計な負担をかけたりするのです。そして脳や神経に与えた悪影響は身体のバランスを崩しさまざまな症状を引き起こします。眼精疲労による体調の不良は仕事の効率を下げ、それが作業の進行を遅らせ、結果として作業時間を延ばしてしまいさらに疲労が進むといった悪循環を起こさないためにも、眼精疲労に対して適切な対処を心掛けましょう。

目が疲れた時の対処法

眼精疲労にならないよう、少しでも目の疲れをおさえるにはいくつかのポイントがあります。まず、メガネやコンタクトレンズを使っているのならば、しっかり自分に合った物を使うことです。ピントが合わない状態で物を見ることは、それだけで目を疲労させます。さらに有害光線を防ぐ機能を持たせるとさらに目の負担を減らせます。次に適切な明るさで物を見ることです。薄暗かったり明る過ぎたりしても目には負担がかかります。目に優しい光を出す照明器具を使い適切な明るさの中で物を見ることで目への負担を減らすことが出来ます。そして、正しい姿勢で作業をすることも大切です。猫背など正しくない姿勢では物を見る距離が近すぎて目への負担を増やしてしまいます。また首や肩の筋肉にも負担がかかり眼精疲労による症状を増長させてしまうのです。こういったポイントを踏まえたうえで、適度に休憩を取り、体操などで体をほぐし、また目に良い食物やサプリを取ることも眼精疲労地策には有効です。